きらきらHappy Days

ちえこ
先生の

わが子へ、その成長を伝える

Vol.19 2019.03.16

日々のこと

卒園遠足

今年度最後のお便りとなります。
保護者の皆様にはこの一年間、たくさんのお力添えをいただきましたこと、心より感謝申し上げます。

さて先週末は年長の保護者の皆様にご招待いただき、教職員揃って謝恩会に出席させていただきました。

私は謝恩委員の方々が丁寧に準備してくださっていた事を存じ上げておりましたが、やはり当日は皆様の温かいお心使いを細部に渡って、終始感じることができた素晴らしい謝恩会でした。
この紙面をお借りしてあらためて御礼申し上げます。
ありがとうございました。

さて、この一年でお子様のどこが成長したか少なくとも10個、お子様に伝える事ができますか。
1ミリでも1センチでも身長が伸びていたら、それは数値として計測できる成長です。それも一つ。

そして心はどう成長したでしょうか。
心の成長は計測できませんが、日常当たり前と思っていることでも一年前から比べたらできるようになった、あるいは思いもかけなかった成長など、おそらくたくさん見つけることができるはずです。

決して他のお子さんと比べるのではなく、目の前のご自身のお子さんの一年前とだけ比べてください。

是非この節目にお子様に伝えていただきたいと存じます。
例えば「お母さん、お父さんはあなたが食事の前にお箸を並べてくれるようになってとても助かっているし、大きくなったなあって本当にうれしいのよ。」など。

ご家族で相談して書き出してみたり、二人でお風呂に入っているときに伝えたり、成長の著しい幼児期だからこそできることだと思います。

急に言われたらお子さんによっては恥ずかしがって反発したり、無反応という反応を見せたりするかもしれません。
それでもその言葉を言われて嫌な感情になることはないでしょう。
進級卒園のわすれられないプレゼントのひとつになることを期待しております。