きらきらHappy Days

ちえこ
先生の

1学期ありがとうございました

Vol.11 2018.07.17

日々のこと

本日1学期の終業式でした。
4月からの行事が滞りなく開催できましたのも保護者の皆様をはじめご関係の方々のご理解とご協力あってのことと心より御礼申し上げます。

それと共に今月西日本で起きた大きな災害では,ご家族ご親戚が被災された方もいらしたのではないかと拝察し、心よりお見舞い申し上げます。

私たちの住む地域でもいつ何時災害に見舞われるとも知れず、教職員は何が起きても、お預かりした大切な園児を無事ご家庭に引き渡すため、真剣に研修に取り組んでおります。
先週は毎年行っている心肺蘇生法とAEDの操作方法及び防犯訓練(侵入者対応)を行いました。

保護者の方には9月3日(月)始業式に引渡し訓練を行います。ご協力をよろしくお願いいたします。そしてまたこの機会に、ご家庭でも災害時の各自の行動など話し合って確認していただきたいと存じます。

貴重な体験!

さて、夏休みは子どもとずっと一緒で困るということを耳にします。毎日規則正しく過ごそうとお母さんが頑張り過ぎるといらいらが増え、煮詰まってしまいます。

たとえばお子さんとゆっくりうどんを打つ(意外と簡単です!)、餃子を作る、クッキーを焼く、絵を描く、絵本を読む、紙芝居を作る、などなど。時間がある夏休みだからこそお母さんの趣味を生かした何かをお子さんと一緒にできたら素敵です。

ただし出来栄えには決してこだわらず、一緒に行ったことを楽しんで笑顔になれたら最高です。もちろん一回でもかまいません。その1回の経験があるのと無いのとではその後の親子関係に大きな違いがあります。

後はどんぐりクラブの空き状況をみて、たまに預けてお母さんリフレッシュ。これも良いでしょう。きっとあっという間に2学期が始まります。
それでは2学期始業式に元気にお会いしましょう。