トピックス

2021.06.05 高校バトミントン 東京都ベスト16

<インターハイ予選 個人戦>
今年度はインターハイ予選と関東大会予選は同時並行で行われました。その中で、山根・五十嵐が個人戦ダブルスのブロックを勝ち抜いて、決勝戦にコマを進めることができました。ほとんどの者が3回戦以上に進出していますが、新一年生の活躍も目立っています。1年生では西沢がダブルスで、赤堀がシングルスでブロック決勝にコマを進めていることができました。
~シングルス~
男子シングルス 水谷 ブロック決勝戦(6回戦)進出(東京都ベスト24)
男子シングルス 樋口・村松・本蔵 4回戦進出 
女子シングルス 赤堀 ブロック決勝戦(6回戦)進出(東京都ベスト24)
女子シングルス 新井 5回戦進出
女子シングルス 甘利 3回戦進出

男子ダブルス 森山・西沢 ブロック決勝戦(6回戦)進出(東京都ベスト24)
男子ダブルス 樋口・池永 4回戦進出
女子ダブルス 山根・五十嵐 ブロック優勝 決勝大会進出(東京都ベスト16)

インターハイ予選は各学校のエースが出場する個人戦です。強豪校が多くの出場枠を持つため、例年なかなか勝ち上がることができませんが、今年は生徒たちは精いっぱい頑張ってくれました。三年生最後の試合であるインターハイ予選団体戦につながる試合となったと思います。最後の大会までやり切って次の代にきちんとバトンを渡してもらいたいと思います。今後とも応援よろしくお願いいたします。