トピックス

2018.06.20 高校1年生対象 進路講演会

 20日1限2限のLHRと総合的な学習の時間を活用して、高校1年生を対象に東京学芸大学 情報処理センター 森本康彦教授を講師にお迎えして講演会を行いました。

 演題は、「学ぶということ、振り返るということ~なぜ今、eポートフォリオが求められるのか?~」で、今後、新大学入試で求められるeポートフォリオがどのようなものなのかも含め、「学ぶこと」の意味について深く考えることができる時間となりました。

 生徒たちは、普段からさまざまな教育活動の記録をipadを使ってポートフォリオに記録していますが、その意義や目的が理解できたことでしょう。