高校 新聞部

明星のオピニオンリーダーを目指し、年間7~8回を目標に『櫟林』を発行しています。

編集会議で決定したテーマに合わせて校内外を問わず取材に赴き、記事の作成・紙面レイアウト(割付)・校正まで、一人ひとりが責任を持って行います。記事添削では部員・顧問から沢山の添削が入ることも多々あります。「ペンは剣よりも強し」を信念に新聞を作成しています。

「櫟林」は昭和25(1950)年に創刊して昭和40(1965)年に休刊。平成5(1993)年に男子部で復刊し、平成21(2009)年3月1日に復刊100号を達成しました。60年以上に及ぶ伝統を部員が守り続け現在に至ります。

平成25年度発行130号は日本海事広報協会主催の「2013・ジュニアシッピングジャーナリスト賞」にて優秀賞シルバーメダルを受賞しました。

平成26年5月には130号が国土交通省内に展示され、7月15日から横浜氷川丸に展示公開されます。

概要

通常活動日 月・火・水・木・金・土
活動場所 図書館