• 明星大学
  • 明星中学校・高等学校
  • 明星小学校
  • 明星幼稚園
  • 学校法人明星学苑

学校法人 明星学苑 明星中学校・高等学校

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス
  • HOME

学校案内

校長の挨拶

明星中学校・高等学校
校長   畠 山     武

 建学の精神を大切にし、社会情勢を見据える力を養い行動できる「考動力」を身につけ、生徒一人一人の個性を生かした社会貢献ができるように教職員が一丸となり、応援していきます。

 

建学の精神を目指して
 「和の精神のもと世界に貢献する人の育成」これは創設以来91年間、脈々と受け継がれてきた子弟の教育に対する願いや思いが込められた建学の精神です。本校では創設期からグローバルな世界観にたち、将来を担う若者には視野を拡げてほしいという考えが教育の根本にありました。どのような時代、環境であっても息吹をいち早く感じ、果敢に立ち向かう精神と応用力、正に現代社会が若者に求めているものだといえます。校訓である「健康・真面目・努力」を心におき、中高時代の教育目標を「自律心をもった、自立した人の育成」ということを掲げ、「心・知・体」とバランスよく育てていきます。

 

体験教育を通して
 本校では創立当時から体験教育を大切にしており、現在でもそれぞれの学齢に合わせた学校として一貫性をもった取り組みをしています。例えば、国際教育を特化したものとして中学三年生では海外研修に全員で出かけます。中学一年生から積み上げてきた国際感覚は実際に現地に身を委ね、異文化を感じ取ることで自然な感覚で視野が拡がることを狙いとしています。国際社会のパスポートといわれる実用英語を目指し多読多聴を取り入れ、実践的で総合的な英語力を養っていきます。高校生では、目的別でアメリカ、シンガポール、沖縄から選択制の修学旅行を実施しています。 
また、「わくわく理科実験」という特別講座を設けています。教室を飛び出した理科に対する興味、関心をもたせ、理科の面白さを中学生、高校生のみならず明星小学校にも呼びかけ参加させることにより年齢の枠にとらわれず共に体験することで自然なうちにコミュニケーション能力を養いながら論理的思考力を伸張し時代を科学する力として養われています。

 

生徒の自主性を重んじて
 学校は生徒中心であると考えており、学校行事はすべて生徒の手で作り上げられるよう取り組んでおります。体育祭・明星祭などの行事では、生徒会や実行委員会が中心となり、企画運営に至るまで実施されています。中学生は高校生の姿から実践力を学び、高校生は自らが指導者として行事の全体像をイメージしながら中学生を牽引し、形にしていきます。生徒たちが積極的にそれぞれの役割を担う姿勢には学ぶべきものが数多くあります。

 

 学校教育というのは、今現在どうであるかではなく、生徒たちが社会に出たときに社会を構成する一員として、どのように活躍できるかであると考えております。ますますグローバル化が進む現代社会で、本校では人間性を深め、建学の精神を大切に継承し、社会情勢を見据える力を養い行動できる「考動力」を身につけられるよう師弟同行の精神のもと取り組んでまいります。

Copyright : Meisei Gakuen, All rights reserved