• 明星大学
  • 明星中学校・高等学校
  • 明星小学校
  • 明星幼稚園
  • 学校法人明星学苑

学校法人 明星学苑 明星中学校・高等学校

  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス
  • HOME

授業の特色

ICT教育

ICT教育を導入


2015年度の中3・高1から段階的にタブレット端末(iPad)を利用した授業を開始しました。学習課題への興味関心を高めると同時に、自己管理ツールとしていも活用しています。また生徒の端末管理をするMDMと呼ばれるソフトや有害なサイトへのアクセスを制限するフィルタリング機能により、安心安全な環境で利用できるようになっています。

 

情報伝達ツールとして

情報伝達ツールとして

タブレット端末を活用することで、生徒と先生、また生徒同士でどこでもタイムリーにコミュニケーションがとれるようになりました。授業のほか、文化祭や行事に関する発信、ホームルームや部活動での利用も盛んです。情報収集や情報発信など、現代社会で求められるスキルの育成にも役立っています。

学習支援ツールとして

学習支援ツールとして

学習記録機能を利用し、生徒は日々の学習の時間や内容を記録します。それに対してクラス担任が中心となってコメントを生徒へフィードバックします。記録することで自己管理能力が身につき、先生からのコメントは学習の励みになります。

アクティブ・ラーニング型授業ツールとして

情報伝達ツールとして

各教科の特性に合わせて先生がそれぞれ指導を工夫し、授業導入・展開・まとめの箇所で電子黒板やタブレット端末を使い、ICTを活用した授業を行っています。

生徒が目的意識を持って調べ、自分の言葉でまとめたものを他の生徒と共有するなど、楽しみながら学ぶことができます。

Copyright : Meisei Gakuen, All rights reserved